間違えたら大変!自分の悩みにあった占いって何?

今や巷にあふれ、多くの人がふれる機会のある「占い」。占い師さんにみてもらった経験はないけれど、朝のテレビの占いや雑誌の巻末の占いは、何となくチェックしているという人も多いはず。その内容も多種多様で、よく名の知られた血液型占いや星座占い、四柱推命はもちろん、プリン占いやコーヒー占いなんてものもあるそうです。でも、そうした占いって、もとをただすと、結局3つの種類に分類出来てしまうのですよ。そこで今回は、その3つの分類を紹介しつつ、自分にあった占い方法を探してもらいたいと思います。
 まず、3つの占い分類の一つ目、「命(めい)術」です。これは、生年月日をもとに産まれた場所や時間、星の動きなどをみて占うもの。代表的なものに、「四柱推命」や「星座占い」があり、一時期話題になった「動物占い」などもこれに含まれます。これらの占いは、生まれもった宿命や運勢を見るのに優れ、特に性格診断に力を発揮すると考えられています。
 次の分類は、「卜(ぼく)術」です。この占術は、タイミングや運、霊的な作用によって診断されるものになります。代表的なものに、「タロット占い」や「おみくじ」、「易」があり、占いをしようと思ったタイミングや直感的な行動、出た結果を重視して占います。なお、宿命など、もって生まれた性をみる命術とは対照的に、卜術はその時の状況によって変化するものを重視するため、人の気持ちや置かれた状況など、移ろいやすいものを占うのが得意です。比較的近い未来を占うことにも、よく利用されています。
 そして、3つの分類の最後が、「相(そう)術」です。これには、「手相占い」や「人相占い」の他に「姓名判断」や「風水」などが含まれ、対象となる人や物の形から占います。考え方としては、「命術」と「卜術」のちょうど中間に位置し、今は固定されているものであっても、いずれは移ろう可能性があるもので判断をします。そのため、その形やあり方を意図的に変えることで、運勢自体を変えていけるという局面も持っています。例えば、「人相術」でホクロを足す、「手相」で運命線を書く、「風水」で家具の配置を変えるといったこと。これらは簡単に行うことができるため、実際にやってみた人も多いのではないでしょうか?
 さて、こうして3つの占いの分類をご紹介してきましたが、それぞれの特徴を踏まえ、自分にあった占いはありましたか?どうしても決めきれない、まだ迷いがあるという人は、複数の占いスタイルをもった占い師さんも数多くいらっしゃいます。長く迷うなら、プロである占い師さんに相談する。まず、そこからスタートしても良いかもしれませんね。

霊感霊視の占いなら電話占いウィル!