占いの中でも西洋占星術は何故良く当たると言われているのか

現在占いの種類として知られているもの中でも上位に来るのが「西洋占星術」です。
西洋占星術はきちんとした理論に基づき編み出された占い方法で、知識や経験に基づいています。
西洋占星術が何故良く当たると言われて人気があるのかは以下の通りです。

自然界の現象に影響のある天体の変化

西洋占星術は、古代バビロニアで誕生した占いです。
当時は種まきや狩りの季節を星の位置で知ったり、雲の形状や野生動物の行動などから自然界で起きる現象を予測していました。
これらはやがて天体の動きと結びつけられて、過去の事例を元に占いとして発展したのです。

例えば太陽の位置が地球に近くなると、地上の温度が上がり夏になります。
月の満ち欠けは海の満潮・干潮を引き起こします。
人の身体は水分が多く含まれているので、月の動きで体調が変化するという理論も納得ができます。
天体はそれぞれ引力や重力により存在を維持していますので、その動きが人の心理や行動に影響を及ぼすと考えるのは当然のことだったのです。

星座占いに当たるホロスコープ

西洋占星術を最もポピュラーにしたのが「ホロスコープ」です。
ホロスコープとは「とある瞬間の天体の配置」を表したものです。
円形をしていて12分割された部分は「ハウス」と呼ばれ、その時の「惑星・星座・ハウス」の相互関係で占いをしていきます。
惑星はその人の基本的な性格、星座はその人の特徴、そしてハウスは能力を表します。
どのハウスにどの惑星や星座があるのかを占い、その人の運命を占うという方法です。
しかし地球は自転していますから、これらの関係は時間により常に変化しています。
ハウスの変化をより読み込む為には生まれた時間が重要になるのです。

規則性に基づいて客観的に占える

タロット占いや霊感占いなどスピリチュアルな占いの場合、占い師の能力次第で占い結果が変わってきます。
しかし西洋占星術は実際の天体の動きや配置を元に、規則性を読み取り鑑定をしていきます。
応用範囲が広く、仕事や金運、恋愛などあらゆることが占えます。
余計な先入観は必要なく、初対面の占い師でも客観的に占って貰えるというメリットあります。

西洋占星術は複雑なホロスコープを読み取る為の修業が必要になります。
西洋占星術で当たると評判の占い師は、それだけしっかりと勉強をしている証となるのです。
今日の運勢という小さなことよりも、自分の将来が成功するか、夢が叶うかなど、人生に関わることを占うのに適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です