悩んだ時の救世主 背中を押してくれる占い

昔から現在も占いは人気がありますよね。一言に占いといえども数多くの種類が存在しています。自分と相性の良い占いを見つける事が出来れば悩んだ時の救世主となってくれるはずです。

簡単にできる占いと言えば手相占いでしょう。
手相占いでは手のひらに現れる線(手相)や手の肉付きなどの手の形相から才能や健康状態、運勢の良否などを判断します。
手相の発祥は古代インドです。後に仏教と共に中国へ、中国で占いのテキストの様な易経を取り入れて発達したものが日本に伝わりました。
手相占いをするには手相の本を見て自分の手相をみる方法と手相の占い師に見てもらう方法とありますがプロである占い師に見てもらう事で基本の手相は勿論、自分では判断できない手相も見てもらえます。最近では全国各地で手相占いをしてもらえる場所があるので始めやすい占いです。

手相占いと同じ様に占いをしてもらえる場所はたくさんありますが場所によって、また占い師によって占い方法が変わってきます。
占い方法にも種類がありますが最初に浮かぶ事が多いであろうタロットカード占い。使うカードは22枚、それぞれのカードの絵柄には意味があります。それと56枚のカードも合わせ78枚で行うタロットカード占いもあります。中でもメジャーなのがワンカードオラクルです。方法はカードをシャッフルします。その時に占いたいことを想像するか紙に書く、それか占い師に伝えます。そして好きなカードを引いて出たカードがあなたの答えになります。運勢や迷っている事をどうしたらいいかなど様々な事が占う事が出来ます。
長い事悩んでいた答えを素早く解決できる答えが出す事が出来るでしょう。

四柱推命と六星占術というのを聞いたことがある方もいるかと思います。書籍にもされていることも多く本屋で見かけた事もあるかもしれません。
誕生時の干支を年柱・月柱・日柱・時柱という四つの柱で分析をし占う事から四柱推命と言います四柱推命では運勢全般を占えます。恋愛運・仕事運・金運そして総合運です。

六星占術は占い師の細木数子さんが中国古来の運命を算出する算命学を元に世間に広められました。六星占術では6つの運命星に分け占います。土星、金星、木星、火星、水星、運命星です。運命星は生年月日で算出します。例えば土星の運命星を持った人ならば土星人と呼びます。各星人ごとに12の運気があります。

そして水晶占いでは水晶を使い凝視し占います。占い師は水晶の中に映し出される何らかの物理現象を感じ取る事が出来ます。感じ取ったものを元にして相談者の悩みの解決となる答えを導いてくれます。

最後に電話占いでは電話を通して占い師に相談が出来るという占いです。電話占いではこれまでに出た推奨占い、四柱推命にタロットカードなど様々で占い師によって変わってきます。最近では占い師を指名することも出来ます。対面式で相談をするのに直接だと話しにくい深刻な相談内容もありますよね。そんな時に電話占いであれ相談をしやすい環境で占いをしてもらえるので相談者の負担が減りますね。それに地方に住んでいる方でも遠くへ出向かずに電話で占ってもらえるというのは嬉しい占い方法であると言えます。きっと占いは迷った時に私達の背中を押してくれるそんな存在になってくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です